ドラッグストアでポテチ売ろうと思ったら!

ドラッグストアでポテチ売りたいな、と思ったことから始まった数奇な人生をブログにする。自分の失敗をシェアしよう!

IELTS初受験、雰囲気と感想と失敗したこと

IELTS UKVI academicをロンドンで受けてきました。受付が朝の8時45分ということで、昨日は3時起きしてオックスフォードを5時に出発しました。体力的に辛いやつ。7時過ぎには会場に着きました。受付まで時間があったので、会場近くで朝マックしながらライティングのテンプレートだけもう一度確認しました。会場に行くとたくさんの人がいました。テスト前にたくさんの人がいて、各々ノートを確認したりしていて、なんか薬学部の試験前を思い出して、懐かしいなーなんてニヤニヤしながら物思いにふけってました。入口にいた係の人にパスポートとレターを見せたら「そこで待ってて」と言われ待っていたら、列が動き始めたのでよく分からずついて行きました。そしたらチリチリ髪の係のお兄さんに「ヘイヘイ、君〜?君はケンブリッジ検定じゃないでしょ〜、受付にお帰りなさい」っていう風に言われました。なるほど受付にケンブリッジ検定の看板や掲示はなく、デカデカとIELTSしか書いてないので分からないよね笑。さすが英国クオリティ。そんな些細なトラブルはあったけど、その後無事にIELTSの受付に進むことが出来ました。パスポートと誕生日を聞かれて、受付の用紙にサインをします。英国生活で鍛えた、流暢な英語のサインをサラサラーと書いたら、係の人に「パスポートと同じサインにしてください」って真顔で言われてシュンとしつつ漢字のサインを書いて、受付終了。そのあとは荷物をクロークに預けて、金属探知機とボティチェック、靴の中まで確認されました。ちなみにパスポートと水以外持ち込み禁止!おい!前日にエンピツと消しゴムと鉛筆削りセットを7ポンドで買ったのに!なんてこったい!!!その後、会場内でもう一度パスポート確認とサイン、指紋と顔写真とパスポート+受験番号の写真を撮られて、やっと着席。めちゃくちゃセキュリティ厳しいっす。でもパスポート持ち込みできるなら、パスポートに英単語書けるぞ、なんてことは絶対にありませんからね!試験中は終始試験監督が見回っているし、試験中にパスポートを何度か開かれました。さぁ、そんなくだらないことを考えていたら試験が始まりました。

 

以下、試験の感想など

 

【リスニング】

やらかしました。最初のセクションで木曜日が答えのところがあって、Thursdayの綴りを間違えました。試験中に、ひょっとしたらThurthdayだったような気がしてきて、考え込んでいるうちにセクションが終わるという、、、。悩んだ挙句にThurthdayって書いちゃったんですけどね(#中学生の英語あるある)。後はセクション3がさーっぱり分からなかったです、正にサンドウィッチマン富澤状態。「ちょっと何言ってるかわからない」ということで適当に解答用紙に記入。大丈夫か?w

 

 

【リーディング】

これは試験を甘く見てました。普段はテスト形式、つまり60分で通して解くっていう練習をしてなかったので、本番で焦りました。練習では各セクションを20分で解いて答え合わせ、っていう感じでやってたんですけど、本番中によくよく考えたら、しっかり読みこんだセクションを20分きっかりで解答放棄するのは勿体無いということに気がつく(後のセクションが理解できるとは限らない)。そこで、20分経過のアナウンスがあっても気にせず解答を続けました。セクション1と2を終えた時点で残り時間は17分くらいでした。そこまでは良かった。しかし、ここに来て初めて17分で問題を解くことは想定していなかったので、一体どれくらいで文章を読めるのか、解答は間に合うのか、文章は読んでも解答時間がないと意味ないじゃん、という焦りから文章に全く集中できませんでした。結果的にセクション3は、ほとんど内容を把握できずに終わりました。

 

【ライティング】

タスク1の問題を見てびっくり。円グラフが二つと棒グラフが一つ。え、、、なんだコレ、棒グラフがいらないんですけどー。これは友人曰くレアパターンらしく、全くどう攻略して良いか分からずにグラフの数字を列挙していくだけ、一応150語オーバーのヒドイ文章が完成しました。タスク2の方が簡単に感じました。適当にテンプレートを織り交ぜつつ260語くらい書きました。ちなみに僕は一行に10語ずつ作戦はしませんでした。いちいち区切って書いたり、毎回カウント10するのがメンドくさいかったので、書きたいだけ書きました。後で1、2、3、4、5、、、って数えるという。まぁ、それでもなんとかなるんじゃないすかね、スコアは知らんけど。

 

【スピーキング】

これはどうなのか評価がさっぱり分からない。最近の良いと思ったmake dicisionについて語りなさいって内容と良いmake dicisionはどうやったらできるか、子供のmake dicisionについて等々、make dicision祭りでした。make dicisionっていう言葉自体が言い慣れてなかったので喋るのにかなり苦戦しましたが、向こうはプロなので内容を汲み取ってくれました。まぁ、そのスコアがいくらなんだって話ですがね。

 

 

【失敗したこと】

リスニング中に綴りに捉われて、聞き逃す。

リーディングの残り20分もない状況で問題をどう解くか想定してなかった。

ライティングのグラフ三つパターンの対策不足。

スピーキング、make dicisionって言い慣れてない。普段のおしゃべりって重要だね。

 

 

ということで、以上が僕のIELTS初受験でした。スコアは二週間後に出ます。無事、B1レベルをクリアできるのか、乞うご期待。