ドラッグストアでポテチ売ろうと思ったら!

ドラッグストアでポテチ売りたいな、と思ったことから始まった数奇な人生をブログにする。自分の失敗をシェアしよう!

【上から下まで】大学のレベルと学生について思うこと 【伊予柑の進路相談シリーズ第1回】#進路決定の参考に

 僕は底辺私立→地方国立→オックスフォード大学という経歴を持っています。実は二ヶ月ほど旧帝大にもお世話になりました。なので本当にいろんな学生を見て来ました。そんな僕が、それぞれの大学について思うことを正直に書きます。これから大学進学を考えている高校生やその親御さんの参考にでもなれば幸いです。しかし、これはあくまで僕の主観です。

 

まず、底辺私立。(徳島文理大学薬学部:偏差値35*)

 勉強のセンスがない人が多いです。薬学部だったので真面目に勉強に取り組む同級生、後輩は多いです。期末試験前はみんな必死になって勉強します。でも、結果が振るわない人がたくさんいました。薬学部でストレート卒業するような人達であれば、まともに会話できますが、それ以外は覚悟しておいた方が良いでしょう。自分が勉強できると判れば、勉強教えてだのノート貸してだのグループ学習任せただのだのだの、僕は正直一年の前期でうんざりしました。期間にして4ヶ月ですね、よく踏ん張ったと思います。楽しい人はたくさんいますよ、色んな意味で。酔った勢いで学校のロッカーを壊して退学になった人もいました。人間観察が好きな人にとっては最高の環境ではないでしょうか。ストレート進学率は3〜4割くらいでしょうか。つまり、まともな会話ができる人はそれ以下と考えておいた方が良いです。でも、実際に6年間過ごして良い先生、先輩、同級生、後輩に出会うことが出来たのも事実です。なので頭ごなしに否定は出来ませんね。とはいえ、総合的に判断して浪人してでも上を目指すことをオススメします。

 

底辺私立での経験。

 僕は大学1、2年の頃、周りの学生と波長が合わず苦労しました。(その時のことを書いた記事)。例えば、僕は6年間勉強に困らなかったのですが、それを良く思わないのか攻撃的な態度をとる人がいました。尊敬してくれる人の方がたくさんいましたけどね。3年になると仲のいい友達ができ、研究室に入ってからは尊敬できる先輩方、愉快な後輩たちと出会うことができました。最終的には研究室の仲間たちと楽しい研究室生活(ブラック)を送ることができ、ここでの経験が今に繋がっていることは疑う余地がありません。世の中にはいろんな人がいるんだなって事と、全ての人と仲良くする必要はないってことを学びました。

 

 

次、地方国立。(熊本大学理学部:偏差値52.5*)

 学生はみんな優秀で勉強に抜群のセンスがあります。研究への意欲は人によって大きな差があり、本当に全くやらない人もいれば、一生懸命取り組む人もいます。真面目に研究に取り組む人の方が多い一方、智への渇望とでも言いましょうか、ハングリーさが足りないです。おそらく、旧帝大生との差はこのハングリーさにあると僕は見ています。ハングリーさが足りなかったから旧帝大に行けなかったのか、旧帝大に行けなかったからハングリーさを失ったのかは、人それぞれ事情があるのかもしれません。

 

地方国立での経験。

 楽しく大学院生活を送ることができました。研究においては設備面が良くなくて、大学内で必要なデータを揃えられないとか、技官がいないため、毎月、機器のメンテナンスに学生が駆り出されて時間をとられるとか、旧帝大に比べて不利だなぁと思うことがあります。私立大学よりも研究設備が悪い可能性も十分あります。また、研究に対する意欲が低い学生のゼミは残念ながら本当に時間の無駄でした。博士課程でなければ研究の成果はそこまで必要ではないので、こういった窮屈な面はあまり気にする必要ないんですけど。

 

 

からの、旧帝大。(東北大学理学部:偏差値57.5*)

 短期間ですが旧帝大で研究させて頂いたことがあるので書きます。言うまでもなく学生は超優秀です。研究分野の専門書なら2、3冊は頭の中に入っていそうなくらい凄まじかったです。あと、みんな普通に英語がしゃべれます。外国人ポスドクと日常会話や研究のディスカッションも難なくこなします。英語力は地方国立と大きく差を感じたところです。加えて、研究に対するハングリーさがあります。一方で、教授の方針に納得がいかず、不満を持った学生が大学院から研究室を移ったりすることが結構あります。ココで得られる人脈のスケールの大きさは、他とは違い桁外れに大きいんではないでしょうか。

 

旧帝大での経験。

 経験といっても二ヶ月だけなので、ただただ学生の優秀さと設備の良さに感動しつつ楽しく過ごさせてもらいました。とりあえず研究者を目指すには最高の環境でした。あと、専門用語でダジャレを言っても拾ってくれます。笑(地方国立では拾ってくれないか、寒い方向に持っていかれる。)

 

 

今、世界的に有名な大学。(オックスフォード大学化学科:偏差値不明)

 これはまた後日、なんか書きます。

 

 

最後に

 研究者を目指すならやっぱり旧帝大か海外の有名大学が良いですね。学部は地方国立で大学院から旧帝大に移ることもお勧めできます。過ごし易いのは地方国立でしょう。研究室のプレッシャーは旧帝大ほどではなく、地方国立と繋がりが強い企業もあり、就職状況は悪くないです。まぁ結局、底辺私立に行くメリットは限りなく小さいと言えます。僕は高校時代にまともに勉強せず、成績は田舎にある自称進学校の落ちこぼれでした。自分に自身がなかったのと学歴のない家庭環境から、浪人という選択肢は考えられず、ストレートで受かった底辺私立に進学したのですが、今なら一浪してでもそれ以上に行くことを考えます。高校の担任は僕の成績を見て、ひたすら偏差値40以下の私立文系大学を勧めてきたので無視しました。二浪は正直よくわかりません。例えば一浪して旧帝大レベルを落ちたとして、進学は地方国立で十分じゃないかなぁと思います。大学院から旧帝大に行く選択肢もあります。進路決定で重要なのは、自分で行く大学を決めたかどうかです。先生や親に言われてとりあえず進学したって人は後悔が多いみたいですよ!

 

 いろんな大学を経験して思うことは、どんな大学に行っても馬があう人は必ずいるし、大学生活を楽しくできるかどうかは自分次第ってことです!

 

 以上、大学のレベルと学生について僕が思うこと、でした。僕は理系なので文系では該当しないこともあるかと思いますけど、今日はこの辺で。高校生、それから浪人生のみなさん、自分にあった良い進路決定を!

 

 

*2017年現在、大学受験パスナビ(旺文社)参照

 

伊予柑の進路相談シリーズ第2回 

tbukuuox.hatenablog.com